「有田と週刊プロレスと」を見て週プロが読みたくなった人に朗報!おすすめの記事教えます!

Amazonプライムで絶賛放映中の有田と週刊プロレスとシーズン3。

arita-wp.com


私も見ていますが相変わらず面白いですね。MCの有田さんと
アシスタントの倉持さんのやりとりや、ゲストの方とのトークなど
本当に楽しんで、伸び伸びと番組を制作されているのが伝わってきます。
ちなみに私のシーズン3おすすめ回は武藤敬司が全日本に移籍を決意した回ですね。
有田さんだからこそ知っている秘話も飛び出したりして「神回」といってもいい回でした。

 そんな有田と週刊プロレスとですが、個人的にはこの番組を通じて「週プロ」の面白さが
もっと伝わって欲しいと切に願います。確かに過去には掲載拒否事件などもありました。
しかし、現在日本の雑誌界において週刊雑誌でこれだけの熱量をもってプロレスと向き合っている
専門誌がどこにあるだろうか、ということなんですよ。(復活したゴングもいつの間にかフェードアウトしてしまった)
そこで今回は私がいつも楽しみにしている週プロのコーナーを取り上げたいと思います。

 

CLOSE UP BOUT!!

試合リポートで伝え切れなかった試合を取り上げるコーナー。
コンセプト通り、通好みの試合が選ばれる事が多い。非常に熱量もあり、
見ていてとても想像をかきたれられ、その選手のことを知りたくなる良コーナーなのだが
不定期連載なのが残念な所。


21世紀の技解説

名前の通り選手の独創的な技の数々が本人の証言によって語られるコーナー。
これは凄い!と唸らされる技からちょっとネタっぽい技まで多種多様に富んでいる。
(ネタっぽい技のときは見ません、ゴメンナサイ)
そういった懐の深さもプロレスの魅力ではないだろうか。ちなみに、数えたわけではないが
女子選手の登場割合が結構多いのも特徴である。

 

プロレス団体探訪

昔は数団体しかなかったプロレス団体も今や全国各地津々浦々に様々な団体がある。
そんな団体を追いかけるこのコーナーでは、いわゆる「インディー」や
「ローカル」といった系統の団体が多い。とはいえ、彼らも四角いリングの上で日夜戦っている戦士。
そんな彼ら彼女達の活動風景、団体としてのカラーを紹介してくれている良企画。
欲を言えば試合リポートでももっと取り上げてほしいが、ページの関係上やむを得ないのだろう。

 

MY TURNING POINT

どんな選手にも印象に残った、転換点となった試合は必ずあるもの。
そんな各選手の「ターニングポイント」を掘り下げるのがこの企画。
選手本人から聞ける話というのはやはり興味深いものだ。
そういった意味でこういう企画は貴重であり大切にしていただきたいと実感する。

 

他にもまだまだ週プロには面白い記事、面白い企画があります。
ここで取り上げたものはほんの一部にしか過ぎません。
今は電子書籍や定額読み放題というサービスもあります。
是非お手に取ってプロレスの新たな魅力を発見して下さい。

週刊プロレス

週刊プロレス

株式会社ベースボール・マガジン社無料posted withアプリーチ